『青天の霹靂』 掘り出し物みつけた

青天の霹靂映画

青天の霹靂

場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)がホームレスになった果てに死んだのを知る。父が住んでいたダンボールハウスを訪れ、惨めな日々を生きる自分との姿を重ね合わせて涙する晴夫。すると、突如として青空を割って光る稲妻が彼を直撃する。目を覚ますや、40年前にタイムスリップしたことにがくぜんとする晴夫。さまよった果てに足を踏み入れた浅草ホールで、マジシャンだった父と助手を務める母(柴咲コウ)と出会い……。

引用元シネマトゥデイ

『青天の霹靂』を見ました。劇団ひとりすごい!初監督作なのに、こんなにも玄人感のある映画を撮るとは!

ストレート!だからこそ胸に迫る

お話は単純明快。売れないマジシャンをしている現代にいる主人公、轟晴夫(大泉洋)が、ある日父親の死に直面したことで、青天の霹靂に打たれ40年前にタイムスリップしてしまう。そのさきにいたのは若かりし頃の轟晴夫(大泉洋)の父(劇団ひとり)と母(柴咲コウ)だった。そこで、明かされる轟春夫の出生の秘密とは…という話。

なかなか演出も手慣れていて、玄人感のある監督だなぁと感じたのですが、なんとこれが初監督作。しかも監督は劇団ひとり。すげー。これ劇団ひとりが撮ったんだと思うと、器用な人はなんでもできるんだなあと感じざるを得ません。

お話は非常にシンプルでわかりやすい。だからこそ胸に迫るものがありました。ラストの夕焼けの河原のシーンはこの美しい夕焼けは偶然を利用したのか?タイミング待ってたのか?非常に気になりました。

それほどに美しい夕焼けのシーンです。雲が薄くかかり、その隙間から夕焼け空の鮮やかなオレンジが映える。あまりにも絶妙に場面の感情と合っているので非常に記憶に残るシーンとなりました。

自分の親に出会って、ずっと心に残っていたわだかまりを解消するというシンプルなお話なんですが、とにかく沁みます。

現代に生きる轟春夫のどうしようもない現実がリアル

現代に生きている轟春夫の「どうしようもなさ」が非常にリアルで、コミカルだけど哀愁漂う感じで非常に良かったです。スーパーで割引をされるのを待ちながら買ったウインナー入りのパンを、公園で食べようとしたらうっかりしてウインナーだけ地面に落としてしまい、それを公園の水道で洗ってまた食べようとしている姿なんか、もう哀愁たっぷりで、笑えるんだけど結構悲しい。このシーンの想像力は劇団ひとりならではかもしれませんね。

後輩のマジシャンがオネエキャラでブレイクして、古巣に凱旋してきた際も、轟春夫(大泉洋)のほうが古株なのに舐められてタメ口を使われ、挙げ句TV局のプロデューサーにネタを見てもらうときも愛想がなくマジシャンとしての会話力も、お客を楽しませる機微もない。

だけどマジックの腕は確かというのも(実際にマジックシーンを大泉洋が演じているのもすごい)かなり物悲しい。リアリティある売れないマジシャンです。

そういった轟春夫(大泉洋)のリアリティあるぼんくら生活を前半にしっかり描いているからこそ、後半にかけての畳み掛けに説得力があります。


自分のダメさを親のせいにするな

自分の今のダメさを親のせいにしてはいけないということですね。シンプルにこれだけ。

主人公が自分が駄目な理由を「俺を生んですぐに出ていってしまった母親と、ラブホテルの清掃なんて仕事を続けてるダメおやじがいるから」と定義していたのですが、過去に飛ぶことで、そこの認識が大きく変わってしまう事態に見舞われます。

このことこそが、彼にとってのまさに「青天の霹靂」だったのでしょう。タイトル通りの人生一ショックな瞬間です。

今の自分がだめな理由を、他のせいにしたところで結局自分が駄目なのは変わらない。しかもそんなだめな理由探しの結論として行きついた「結局両親がだめだから」という心の拠り所も、青天の霹靂に打たれてたどり着いた40年前によって脆くも崩れ去る。崩れ去るのですが、行きついた驚愕の事実により、それは新しい心の拠り所となる。

この「ダメな自分の心の拠り所だったものが、良い形で、新しい心の拠り所へと変化する」という物語の構造には唸ります。

人生はマジックのように鮮やかに反転する

後半で轟春夫(大泉洋)の晴れ舞台、マジックを披露するシーンが有るのですが、そのシーンの美しさも見ものです。物語のクライマックスに向けて、すべての役者が出揃い、ある一点に集約していく。この絶妙な演出もいちいちいいです。劇団ひとりはすごいです。

人生は鮮やかなマジックのように、ある日突然色を変える。
轟春夫(大泉洋)にとってそれは、自分の出生の秘密を知ったときだった。主人公がマジシャンであるという設定もここらへんと絡めているのでしょう。

余談ですが、柴咲コウが非常に美しかったです。劇団ひとりも名演技でした。というか主要キャスト三人の演技が非常に良かったのもこの映画が良かった点だと思います。劇団ひとりのマジックの中国人の珍さんは劇団ひとりのネタでもあったような気がします。

『劇団ひとり 中国人のマジック』

総じて、いい映画でした。こじんまりしてますが人におすすめしやすい映画ではないでしょうか。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 映画ブログへ



家で映画を楽しみたいならU-NEXTがおすすめです!

今なら31日間無料トライアル実施中!
映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、230,000本以上配信しています!
2021年1月時点で、見放題本数21万本を含む23万本を配信しており、定額制サービスとして36ヶ月連続で「見放題作品数No.1」の配信サービスです。

サービス開始時からいままでぶっちぎりの配信数です。


「見放題作品数No.1」 U-NEXT




映画
スポンサーリンク
ねすをフォローする
シネマタイガー

コメント

タイトルとURLをコピーしました