『三度目の殺人』三度目に殺されたのは誰?

映画

『三度目の殺人』を見ました。是枝裕和監督作品とは思えぬ、監督の作品の中でも異色作でした。ある程度のネタバレとともに以下感想書いてみます。

『三度目の殺人』

勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。 引用元シネマトゥデイ

真相は『藪の中』

何を考えているのかわからない。

依頼人の死刑を回避するという名目で一番最初は弁護を引き受けるのですが、この依頼人の三隅という男がどうにも食わせ者で、とにかく何を考えているのかわからない。弁護をしようにも、糸口がつかめず、とりあえず周辺の人物に話を聞きに行くとそこでもさらに話がよりこじれていきそうな関係を聞かされたり。

そもそもの依頼人であるはずの三隅の話が二転三転して、こいつは本当は何を考えているのか、本当の動機は何だったのか、果ては、本当にこいつが殺ったのかすら怪しくなってきます。

結構難解な映画で、私も完全には理解できていないと思うのですが、謎を提示するにももう少しわかりやすく描いてほしかった。頭の悪い私のような人間にも分かるようにもう少しだけヒントが欲しかった。そんな感じの映画です。

真相は『藪の中』

芥川龍之介の『藪の中』という小説を思い出しました。映画では黒澤明監督の『羅生門』でしょうか。ある事件の証言者それぞれがそれぞぞれに保身のための嘘をついていて、誰の話も信憑性がそれなりにあるから、本当の真相はよくわからないまま終わる。まさしく真相は藪の中にあるという話です。

この映画も、真相はそこまで重要のようには思えませんでした。誰が殺ったのか、本当はどこまでのシーンで、どこからが妄想なのか。虚構と現実が回想シーンという方法で繋げられてしまい、本当の回想はどれなのかが曖昧になってわからなくなるというこの映画では、真相が云々よりも、真相にたどり着くための道筋にこそ意味がありそうです。


『命は選別されてるんですよ、理不尽に』

これは三隅がいうセリフの一つです。この映画は思わせぶりなセリフがポンポン出てきます。どれも真相にたどり着くための足がかりのようにも思えるし、迷宮に誘い込むためのただのブラフのようにも思えます。

『生まれてこないほうが良かった人間というのがこの世にはいるんです』

『いないですよ、生まれてこないほうが良かった人間なんて』

『人間の意志とは関係なく、人間は生まれてきている。つまり本人の意志とは関係なく、生まれてきたり理不尽に命を奪われたりしてるってこと』

この最後のセリフは重盛(福山雅治)がいうセリフで、『命は選別されている、理不尽に』という三隅(役所広司)のセリフと対を成すセリフと言えます。このセリフがあったから、重盛はまた少し三隅に心を奪われていくようなシーンでもあります。

最初は「依頼人とは仕事上の関係、友達じゃないんだから、理解とかは必要ない」というスタンスだったのが、弁護するために周辺を周り、事件の真相に近付こうとするほどに、どんどん三隅に心を奪われて、侵食されていくのが重盛という人間なのです。

『みんな同じ司法っていう舟に乗ってるわけだから』

本作では日本の司法制度の矛盾もさらっと描いています。タイトルのセリフは同僚が重盛をなだめるために言うセリフですが、本作の三度目の殺人である、重盛の死刑というものを引き出すための伏線の効果もあります。

三度目の殺人は司法で行われた、三隅の死刑判決である。

これはこの映画を見れば分かることなのですが、結局真相は藪の中のまま、三隅は自分に最後は手をかけるようなかたちで死刑判決を甘んじて受けています。

これは三隅が死刑判決を望んていたようにも見えます。最初は死刑回避のために弁護士を雇ったのに。そしてこの死刑判決という三度目の殺人を行ったのが三隅本人の意志だとすれば、終盤の「私は河川敷に行っていない」という無実の告白は意味をなさなくなります。

もうそうなるといよいよ三隅という男がなんのために弁護士を雇ったのか、こいつの殺害に至る動機は何だったのか、一体こいつは何がしたいのか、あらゆることの三隅の動機がわけわからず、混乱に陥ってきます。

こいつがマジで何を考えているのかわからない!そんなもやもやとした感情に観客が押しつぶされそうになっている終盤、ある答えが重盛の口から放たれます。

『あなたはただの、器?』

このセリフが放たれる瞬間、重盛と三隅の顔が、面会室のアクリルガラス越しに重なります。

つまり、重盛という人間を表すために(映画的に配置された)器だった(という演出だと私は捉えました。)重盛は三隅を写す器、三隅は重盛を写す器と、鏡像関係にある二人がこのシーンで明白になります。

同時に、動機なき殺人は「器としての殺人」であったという仮説が観客にようやくひとつの鍵として提示されます。二度目の殺人は咲江(広瀬すず)の思いを映す器として、そして三度目は重盛の思いを映す器として。

咲江の思いを映す役目を担ったという根拠は、咲江が性的虐待を弁護士に告白し、「殺してほしいって頼んだの?」と弁護士から聞かれ、力強く、こういうシーンからです。

「死んでほしいとは思っていたから」

『それが伝わったんです。わかります。』

この伝わったというシーンは重盛と三隅がアクリルガラス越しに手を合わせるシーンでもありました。なにやら三隅が重盛の思いを汲み取っているようなシーンなのです。そこで重盛に娘がいることは三隅には誰も言っていないにもかかわらず、直後に娘の話をしだします。

三隅にはなにか特別な力があったという仮説のもとの話ですが、シーンごとに印象的に放たれる台詞を考えていくと、この結論に至りました。

それが、器としての人生だったのかもしれません。

『憧れていたんです。だって人の命を自由にできるじゃないですか』

三隅(役所広司)が裁判長である重盛の父に手紙を送ったときのセリフも印象的です。

『憧れていたんです。だって人の命を自由にできるじゃないですか』

地味ですが後味の悪いセリフです。三隅という男の内面の片鱗に触れるセリフでもあります。

[aside type=”normal”]「人の命を自由にできる」=「殺人のメタファー」だとするならば、三度目の殺人を行ったのが誰なのかを補強するようなセリフでもありますし、そうであるならば、三隅自身も人の命を自由にできる「殺人犯」としての側面を持っていたのにもかかわらず、「そんな姿に憧れている」=「器としての三隅の人生」を補強するようなセリフでもあります。[/aside]

映画自体はほとんどがBGMもないモノクロームな静謐な画面で退屈といえば退屈でしたし、言っときたいのは、是枝作品を見るなら絶対他の作品を見たほうがいいということ。きらいじゃないけど、圧倒的に他の是枝裕和監督の作品のほうが好きですね。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 映画ブログへ



家で映画を楽しみたいならU-NEXTがおすすめです!

今なら31日間無料トライアル実施中!
映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、230,000本以上配信しています!
2021年1月時点で、見放題本数21万本を含む23万本を配信しており、定額制サービスとして36ヶ月連続で「見放題作品数No.1」の配信サービスです。

サービス開始時からいままでぶっちぎりの配信数です。


「見放題作品数No.1」 U-NEXT




映画
スポンサーリンク
ねすをフォローする
シネマタイガー

コメント

タイトルとURLをコピーしました