『カエル少年失踪殺人事件』未だ見つからない真犯人

カエル少年失踪殺人事件映画

『カエル少年失踪殺人事件』

1991年3月26日、山のふもとの村で「カエルを捕まえにいく」と言って遊びに出た5人の小学生がこつ然と姿を消した。特ダネを狙うMBS放送のカン・ジスン(パク・ヨンウ)や犯人像の分析を行うファン教授(リュ・スンリョン)、捜査を担当するパク刑事(ソン・ドンイル)たちが事件を追う中、ある子どもの父親(ソン・ジル)に容疑が掛けられる。

引用元シネマトゥデイ

『カエル少年失踪殺人事件』実際の事件を元に後半は大きく脚色している

前半は、実際の事件をもとに、事件の当事者たち、特に失踪した子どもたちの親たちの心情や行動などが描かれています。映画の前半は、リアルメイン。後半に向かうにつれて大きく脚色が入っていきます。

韓国映画お得意の重苦しい雰囲気の映画です。暗く陰鬱な画面はシリアスな展開によく合います。この映画でも、韓国映画独特の暗く濁ったような陰鬱な色味の画面が続きます。

殺人事件を題材にしているので、シリアスな映画にはぴったりの画面で、雰囲気はたっぷりなのですがいかんせん同じような場面が続き若干飽きます。同じように未解決事件をもとにした韓国映画『殺人の追憶』とは違い、事件を追いかけていく展開自体がなんとなくテンポが悪い感じがします。演出が過剰とも思えるシーンと同じBGMの繰り返しなのが原因かと思います。

この作品で主に事件を追いかけるのはTV局のプロデューサーと警察なのですが、毎度のことながら警察の捜査が手ぬるい。韓国映画ではおなじみの警察の捜査力不足、やる気のない捜査官が今作でも登場します。プロデューサーはというと、後半の創作パートでは犯人を目の前にしてありえないような失態をしています。

『カエル少年失踪殺人事件』 概要 真相は軍の関与か?

実際の事件では、事件名は『カエル少年失踪殺人事件』という名前ですが、これは最後に言った言葉が「カエルを捕まえに行く」という言葉だったということから名付けられたそうですが、実際の最後の言葉は「臥竜山にオオサンショウウオを捕まえに行く」というもので、カエルではありませんでした。

この映画の前にもこの事件のことを扱った韓国映画があります。

帰ってこいカエル少年Come Back Frog Boys(原題:돌아오라 개구리 소년)

1992年公開の『帰ってこいカエル少年Come Back Frog Boys(原題:돌아오라 개구리 소년)』というもので、ほとんど観客が入ることなく、打ち切りとなっているようです。映画の他にもこの事件をもとにした歌があるらしく、「カエル少年よ帰ってこい」という内容を歌っているようです。

『帰ってこいカエル少年 Come Back Frog Boys(原題:돌아오라 개구리 소년)』

※こちらから全編鑑賞できるようです

加熱する報道、連日行われる大捜索

当時の事件報道は加熱し、事件解決(火消し?)に追われる警察と軍は30万人の人員とメディアを使った大捜索を行いました。

当時は5人の写真が入ったテレフォンカードが配られ、テレビでも連日報道され、解決が叫ばれていたようです。

当時のテレフォンカード
Frogboys_card
帰ってこいカエル少年テレフォンカード

テレフォンカードには当時行方不明になった9歳から13歳の五人の少年がプリントされています。

行方不明の5人(カエル少年)
  • ウーチョルウォン(13歳)
  • チョ・ホヨン(12歳)
  • キム・ヨンギュ(11歳)
  • パク・チャヌク(10歳)
  • キム・ジョンシク(9歳)

テレフォンカードで情報を呼びかけるだけでなく、韓国国内ではかなり大々的に捜索活動がなされたようです。

大々的な捜索活動
  • テレフォンカードを配り情報を呼びかける。
  • 盧泰愚大統領は少年たちを捜索するために30万人の警察と軍隊を派遣
  • 山の捜索はテレビで連日生中継された。
  • 少年の両親の何人かは、全国で子供を探すために仕事を辞めた。
  • ワリョン山は失踪から500回以上捜索されている。

が、結局見つからず、事件から11年後の2002年9月26日、どんぐりを探しに臥竜山に登っていたハイカーによって白骨化した少年たちが見つかります。

当初警察は死因を低体温症によるものと位置づけました。しかし、低体温症で死亡とするにはあまりにも不自然なことが多すぎました。

あまりに不自然な死体
  • 服が結ばれている→拘束されていた可能性
  • 失踪した場所から発見場所が離れている→殺害後何者かに運ばれた可能性
  • 5人のうち3人の子供の頭蓋骨に鈍的外傷のあとがある→鈍器による撲殺の可能性

2006年に『カエル少年失踪殺人事件』は時効が成立しました。しかし、2015年に韓国国会は、第一級殺人の時効を撤廃することを決議し、容疑者が見つかった場合、刑事告発できる可能性があります。

実際の事件では、軍の関与説というものがあるようで、住民の韓氏が靴磨きをしていた際に軍人から「軍に服役していた時、子どもを射殺した」と発言したのを聞いたもので、それによると、軍の射撃演習中に突然現れた子どもたち二人を誤射により射殺してしまい、その後に現れた三人の子どもも口封じのために射殺したというものです。

証言自体の信憑性は確かめようもありませんが、普通に考えて、5人の子どもを一度に殺すというのは実際にできることなのかという疑問がありますが、射殺ということなら十分に可能であること。また実際に臥竜山には軍の射撃演習場があり、当時も頻繁に射撃訓練を行っていたことなどから、有力な説の一つなっているようです。


『カエル少年失踪殺人事件』は未解決事件 犯人は今も捕まっていない

実録事件系の映画は良作が多い韓国映画ですが、本作も同様に実録事件映画なんですね。

今作の気持ち悪いところは世田谷一家殺害事件のように、未解決のままであるということです。しかももう時効が来てしまったので、このまま犯人は野放しです。(刑事告訴できる可能性は残る)

軍の関与があったという説はこの映画内では一切出てこず、映画後半はあるサイコパスの単独犯という線からTVプロデューサーが犯人のところまでたどり着きます。(映画内の脚色です。実際の事件ではこういったことはありません

後半のテンポ良い展開を前半も見たかった!と思うくらいにテンポよくストーリーが進み、後半は飽きずに見ることができました。前半の冗長すぎる家族パートをもっと削っても良かったのではないかと思います。前半部分を丹念に描きすぎ、時間の関係で後半のテンポが早くなったのかもしれないなどと邪推してしまいました。

犯人は今も捕まっていないというのは実に気持ちの悪いことです。そういう意味では後味がすごく悪い映画です。劇中現れる犯人とされる男は明らかに人格異常者として描かれ、人間を殺せないから牛を殺しているような殺人衝動が抑えられない異常なサイコパスです。

本当に実際の事件もそのようにわかりやすく異常者の犯行であれば、捜査も絞りやすいでしょうし、事件も解決できたのかもしれません。ですが、実際の事件の犯人は(単独犯説を支持したとして)今も普通の人のように暮らしていることでしょう。

捕まってないですからね。

となりの家の普通の人のようにみえるあの人が人殺しだったら。この事件の犯人は今も息を殺して普通の人のように生活しているはずです。そう考えるとゾッとします。隣のあの人は人を殺しているかもしれない。未解決事件の映画化というのはそういう想像力が働くとぐっと気持ち悪さと後味の悪さを残す作品となります。

比べるのもどうかと思いますが、『殺人の追憶』とどっちをおすすめするかと言われれば迷わず『殺人の追憶』と答えるような作品でした。最後まで鑑賞できる佳作でした。

いつも応援ありがとうございます。
にほんブログ村 映画ブログへ



家で映画を楽しみたいならU-NEXTがおすすめです!

今なら31日間無料トライアル実施中!
映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、230,000本以上配信しています!
2021年1月時点で、見放題本数21万本を含む23万本を配信しており、定額制サービスとして36ヶ月連続で「見放題作品数No.1」の配信サービスです。

サービス開始時からいままでぶっちぎりの配信数です。


「見放題作品数No.1」 U-NEXT




映画
スポンサーリンク
ねすをフォローする
シネマタイガー

コメント

タイトルとURLをコピーしました