『ハウスオブグッチ』“House of Gucci”

House of Gucci映画

『ハウスオブグッチ』“House of Gucci”を見ました。

原題は“House of Gucci” 

注意:この記事はネタバレを含みます。ネタバレしたくない方はご注意ください。

キャスト

スタッフ

監督 リドリー・スコット
脚本 ベッキー・ジョンストン
ロベルト・ベンティヴェーニャ
原作 サラ・ゲイ・フォーデン
『ザ・ハウス・オブ・グッチ』
製作 リドリー・スコット
ジャンニア・ファシオ
ケヴィン・J・ウォルシュ
マーク・ハッファム
出演者 レディー・ガガ
アダム・ドライバー
ジャレッド・レト
ジェレミー・アイアンズ
サルマ・ハエック
アル・パチーノ
音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
主題歌 ユーリズミックス「スウィート・ドリームス (アー・メイド・オブ・ディス)」
撮影 ダリウス・ウォルスキー
編集 クレア・シンプソン
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
ブロン・クリエイティブ
スコット・フリー・プロダクションズ
配給 ユナイテッド・アーティスツ・リリーシング
ユニバーサル・ピクチャーズ
東宝東和

キャスト

パトリツィア・レッジアーニ:レディー・ガガ“Lady Gaga
マウリツィオ・グッチ:アダム・ドライバー“Adam Driver”
パオロ・グッチ:ジャレッド・レト“Jared Leto”
ロドルフォ・グッチ:ジェレミー・アイアンズ“Jeremy Irons”
ジュゼッピーナ・アウリエンマ:サルマ・ハエック“Salma Hayek”
アルド・グッチ:アル・パチーノ“Al Pacino”
ドメニコ・デ・ソーレ:ジャック・ヒューストン
トム・フォード:リーヴ・カーニー
パオラ・フランキ:カミーユ・コッタン
フェルナンド・レッジアーニ:ヴィンセント・リオッタ
シルヴァーナ・レッジアーニ:アレクシア・マレー
アレッサンドラ・グッチ:ミア・マクガヴァン・ザイニー
ジェニー・グッチ:フローレンス・アンドリューズ
ソフィア・ローレン:マダリーナ・ディアナ・ゲネア
ネミール・キルダル:ユセフ・カーコア
サイード:メーディ・ネブー
オマル:ミロウド・ムーラド・ベナマラ
カール・ラガーフェルド:アントネッロ・アヌンツィアータ
アナ・ウィンター:キャサリン・ウォーカー
リチャード・アヴェドン:マルティーノ・パルミサーノ

『ハウスオブグッチ』“House of Gucci”

『ハウスオブグッチ』“House of Gucci” あらすじ

『ハウスオブグッチ』“House of Gucci”の登場人物紹介とあらすじをおおまかにまとめてみました。

ネタバレどうこうといった映画ではないのですが、ネタバレを含みますので、ネタバレが嫌な方はお気をつけくださいね。

登場人物

パトリツィア・レッジアーニ:レディー・ガガ“Lady Gaga

House of Gucci
パトリツィア・レッジアーニ:レディー・ガガ“Lady Gaga

グッチ家に嫁ぐトラック運送屋社長の娘。グッチの栄光を目の前にし大きな野心が生まれる。

マウリツィオ・グッチ:アダム・ドライバー“Adam Driver”

House of Gucci
マウリツィオ・グッチ:アダム・ドライバー“Adam Driver”

グッチ創業家の跡取り。勉強家で真面目だが経営の才能がない。パトリツィアとグッチの経営方針をめぐり対立が深まる。

パオロ・グッチ:ジャレッド・レト“Jared Leto”

House of Gucci
パオロ・グッチ:ジャレッド・レト“Jared Leto”

グッチ創業家の叔父の息子。典型的なボンボンの世間知らずで本人は努力に努力を重ねているが才能がなく芽が出ない。創業家とは対象的に常にカネに困っている。

アルド・グッチ:アル・パチーノ“Al Pacino”

House of Gucci
アルド・グッチ:アル・パチーノ“Al Pacino”

創業家のロドルフォ・グッチの兄。実質グッチの経営はロドルフォとアルドの兄弟が握っている。マウリツィオは経営に参加しようと画策するが、父ロドルフォはよく思っていない。

『ハウスオブグッチ』“House of Gucci” あらすじ

物語は貧しい家庭出身のパトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ)マウリツィオ・グッチ(アダム・ドライバー)と出会うところから始まります。

House of Gucci

マウリツィオは、グッチ家の跡取り。勉強家で真面目だが経営の才能はなく、堅い職に就くために勉強を続けている。

House of Gucci

パトリツィアとマウリツィオはあるパーティーで運命的な出会いを果たします。

マウリツィオは砕けたパーティーなのに、一人だけドレスコードを間違えたかのような正装。バーカウンターの内側にたまたまいたことがきっかけで、パトリツィア・レッジャーニ(レディー・ガガ)にバーテンダーのに間違われてしまい、お酒を作ってあげたことが出会いとなります。

パトリツィアはその瞬間マウリツィオに一目惚れ。

それからパトリツィアとマウリツィオは逢瀬を重ねるようになります。

2人だけでボートに乗ったり、買い物に行ったりお茶をしたり安いお店でお菓子を買って2人で食べたりといった庶民的なデートを重ねます。

そのうち2人には結婚を考え始めます。

House of Gucci

そのためマウリツィオの父に一度会いに行くのですが、お金目的で近づいてきただけだと反対されてしまいます。

父は過去に生きている、過去の幻影にすがっていると父を強く非難するマウリツィオ。

結婚を許してくれもらえないのであれば私は家を出て行くと言って、パトリツィアの家族の経営するトラック運送会社で働かせてもらうようになります。

House of Gucci

やがて父の兄弟であるアルド・グッチ(アル・パチーノ)が橋渡しをしてくれて晴れて父に結婚を認められます。

House of Gucci

こうしてパトリツィアは晴れてグッチファミリーの一員となったのでした。

House of Gucci

それからパトリツィアとマウリツィオはアルドに連れられてグッチの経営について学ぶことになります。

あるときはグッチ家のために革を卸している牧場にでかけ、グッチの経営について、上質な牛革とはなにか。いかにグッチが製品にこだわりを持ってるのかを説明されるのでした。

House of Gucci

しかしこれはパトリツィアとマウリツィオがこの仕事を受け継ぐことに覚悟があるかどうかを試す試験の一つでもありました。

そんな折父、ロドルフォ・グッチが亡くなります。

House of Gucci

父が死んだ後に残された株式が父の名義の記載がなく、このことが今後おきる波乱のひとつのきっかけとなります。

だんだんと夫であるマウリツィオを介して経営に口を挟むようになるパトリツィア。

その後アルドの海外ビジネスを手伝うためにニューヨークに渡る二人。

House of Gucci

そこではグッチの偽物が横行しているのですが、儲けるための必要悪と割り切り気にもとめないアルドにパトリツィアは激怒します。

だんだん経営に深く口を挟むようなるパトリツィアは、アルドの息子のパオロを言葉巧みに使い、アルドの脱税疑惑を公のものにし、逮捕まで追い込みます。

House of Gucci

パオロも他のブランドの盗用疑惑が明るみに出て訴訟を起こされ、貧乏な生活を余儀なくされてしまいます。

House of Gucci

こうして着々とグッチの経営権の乗っ取りに成功しつつある夫婦はグッチ家の莫大な財産で贅沢三昧の日々を送ります。

House of Gucci

と同時に、マウリツィオはパトリツィアの独占欲の強さと支配欲、権力欲の強さにだんだんと嫌気が差してきます。

そんな折、二人にも警察の捜査の手が伸びてきます。ロドルフォから受け継いだ株式の署名偽造の嫌疑をかけられ追い詰められていく二人。

House of Gucci

辛い現実から逃れるためにやってきたスキー場でマウリツィオはかつての幼馴染らと偶然の再会を果たし、そこにいる幼馴染と不倫関係にもつれ込みます。

すでにそのときにはマウリツィオとパトリツィアは経営方針の違いや性格の不一致で喧嘩が耐えなくなっていました。

ついにマウリツィオはパトリツィアに離婚を切り出します。

夫からの愛を失い、夫に捨てられたパトリツィアは追い詰められた末にマウリツィオ暗殺計画を練ります。前から親密な仲となっていた占い師のツテを頼り殺し屋を雇うのです。

House of Gucci

マウリツィオはパトリツィアの用意した殺し屋の銃弾に倒れます。

その後、すぐにパトリツィアらが犯行に関与していたことがバレ、裁判にかけられるのでした。

こうしてグッチファミリーは誰一人幸せな結末を迎えることなく没落していくのでした。

『ハウスオブグッチ』“House of Gucci” 感想など

レディーガガのイタリア訛りの英語

レディーガガはイタリア語訛りの英語を半年かけて習得したようで、非常にイタリア人ぽい英語をしゃべります。

House of Gucci

英語を聞き取れるわけではない自分でさえ、イタリア人の話す英語っぽさが完全再現されているのはわかります。劇中いい意味ですごく気になるので、まずそこが素晴らしい。

レディーガガの口から巻き舌っぽい英語が出てくるたびになにかわからない謎の面白さがあります。

特に印象的だったシーンは暗殺依頼のシーンではなく、スキー場でじっと睨めつけるように幼なじみの女を対峙し、下品に紅茶をすするシーン。

スキー場のシーンはレディーガガのおばはんキャラが炸裂していていいシーンが多かったです。

House of Gucci
スキー場でのレディーガガ

セレブ達と何とか仲良くなろうといろいろ話すけれどもどこか噛み合わず、疎ましがられ白けてしまう場面も、歴然と立ちはだかる「育ちの違い」がその一発で伝わってくるいいシーンでした。

あとレディーガガが適度におばさん体型に太っているのがいいです。こういうイタリア系おばちゃんいるよね、みたいな感覚にさせてくれるのはレディーガガの役作りの勝利でしょう。

House of Gucci

ハイブランドのお家騒動=極上のワイドショー、ゴシップを見るおもしろさ

この映画、何が面白いのかは言語化しづらい部分があります。

House of Gucci

ざっくりとニュアンスだけまとめるなら、お昼のワイドショーを見ているような、ゴシップ記事を読んでいるときのような面白さと非常に近いものだと思います。

ハイブランドのお家騒動、お家のゴタゴタを描いた映画なのですが、内容は至ってシンプルな人間の黒い感情を主原料としています。

富、名声、権力欲、支配欲、独占欲、特権意識。そんなものを混ぜ合わせて、夫婦の中の愛憎でブレンドされたゴシップ記事のような作品です。

House of Gucci

似ている感じの映画には〇〇があった

淡々と話は進んでいくけれども、さすがのリドリースコットの演出が巧みでなかなか最後まで見飽きないです。

じっとりしていたりねとねとしていたりといった愛憎劇ではなく、本当に淡々とエピソードが積み重ねられていく感じがなんとなくウルフ・オブ・ウォールストリートを見ているときと近しい感覚でした。

ウルフ・オブ・ウォールストリートのような怒涛の人生を三時間にギュッと詰め込んだような作品ではないのですが、同じように淡々と事実だけを積み上げ登場人物一人一人のの感情にはあまりフォーカスしない部分が似たような感覚の源泉かもしれません。

House of Gucci

ウルフ・オブ・ウォールストリートのレオナルド・ディカプリオほどにはぶっ飛んだやつは一人も出てきやしませんが。

登場人物は全員不幸せ

個々の登場人物は全員不幸せになって終わる。

House of Gucci

全員がそれなりのバッドエンドを迎える割に見終わった後は面白かったで終われる。そんな映画でした。

スカッとした演出や劇的な場面はない割に淡々と迫る。リドリー・スコット監督がずっと撮りたかった映画はこんなかたちのものだったんだなあと少し意外でしたが非常に楽しめる映画でした。



家で映画を楽しみたいならU-NEXTがおすすめです!

今なら31日間無料トライアル実施中!
映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、230,000本以上配信しています!
2021年1月時点で、見放題本数21万本を含む23万本を配信しており、定額制サービスとして36ヶ月連続で「見放題作品数No.1」の配信サービスです。

サービス開始時からいままでぶっちぎりの配信数です。


「見放題作品数No.1」 U-NEXT




映画
スポンサーリンク
ねすをフォローする
シネマタイガー

コメント

タイトルとURLをコピーしました