『ノー・エスケープ 自由への国境』 マンハントin砂漠!

映画

『ノー・エスケープ 自由への国境』を見ました。小粒だけどぴりりと辛い、そんなミニマムな佳作でした。以下感想書いてみます。

『ノー・エスケープ 自由への国境』

『ノー・エスケープ 自由への国境』

家族に会うために、メキシコからアメリカへの不法入国を試みるモイセス。車で国境を越えようとしていたが、急なエンジントラブルによりモイセスを含む15人の移民たちは荒れ果てた砂漠を徒歩で越えることになってしまう。有刺鉄線がひかれた国境をくぐってアメリカ国内に侵入する不法移民たち。見つかることを警戒しながらも、順調に都市部へと向かっていた。しかし、歩みの差からふたつのグループに分かれてしまう。遅れをとった移民たちが待ってくれるように必死で叫んだその時、突然、銃弾が襲いかかる。襲撃者は見えず、正体は不明。見つかる前にと辛くも逃げ出したモイセスたちだが、そこは身を隠す場所もない摂氏50度の砂漠。水なし。武器なし。通信手段も逃げ場もなし。幸せな生活を手に入れるため、「必ず会いに行く」と約束した息子のため、モイセスたちはある”命懸けの行動”に出る。”自由の国”アメリカで無事逃げ切ることはできるのか――。 引用元

シナリオも登場人物も設定もシンプル。

アルフォンソ・キュアロンの息子、ホナス・キュアロン監督作。

アルフォンソ・キュアロンといえば『ゼロ・グラビティ』『トゥモロー・ワールド』『天国の口、終りの楽園。』などヒット作の多い巨匠。その息子が企画した今作を親父さんに見せたらそれ面白いな、俺も混ぜろよってなって、本作では製作を務めることになったようです。

シンプルシナリオ

シナリオは非常にシンプルです。メキシコからアメリカに密入国しようと国境を越えようとするメキシコ移民たちが、頭のおかしい白人至上主義のじいさんに撃ち殺されていく話です。

マンハント。人間狩りというジャンルは昔からあります。今作もその一つ。ひたすら文明の利器(ライフル)を持った頭のおかしい人間に為す術なく何も持たざる人が狩られていく。という話です。

なんで反撃しないんだよ!!という見ている側のフラストレーションもありそうですが、今作では感じることはありませんでした。だんだんと人が減っていくのはスリラー映画やスプラッター映画ではおなじみの光景ですね。

余計な枝葉の描写は削ぎ落として、シンプルなシナリオにしたことで短い尺で飽きさせない小粒ながら面白い映画になっています。たぶんそんなに制作費もかかってないと思います。

シンプルなストーリーながら、砂漠という舞台を存分に生かした狩るもの、狩られるものの追いかけっこを飽きずに楽しめます。
アイデアの勝利ですね。

この作品はトランプ政権になる前に撮られているので、メキシコとの壁建設などの話が出る前の作品なのですが、今見てもかなりタイムリーな作品になっています。

シンプルなストーリー故に、普遍的な話になってるといえば結構言い過ぎかもしれませんが、キャラクター描写が少なく、観客がこいつはどういう人間なのかなと想像で補わなければいけない部分が多く、そのへんが今見ても国境問題を捉えられやすくしていると感じます。

余計なところは全部省いて、本筋と主要キャラの行動原理にのみ焦点を当てることで物語が寓話的になる。

寓話的に見せることで裏にある問題提起がわかりやすく飲み込めるようになっているのです。

シンプルにアメリカ入ってくんなと言って国境でメキシコ人を撃ち殺す頭のおかしいじいさんを傍から見ることで、国境問題を寓話的に俯瞰できるんですね。そこまでは意図していないのかもしれませんが、ハンター側には越境者は単なる獲物なのです。

 犬、怖い

この映画ではシェパードのトラッカー(犬の名前)が大活躍するのですが、犬が普通に人間に襲いかかって喉笛を噛みちぎるシーンなんかも出てきます。

犬怖い。とこれまたシンプルに恐怖が想起されます。犬嫌いな方や犬恐怖症の方はこの映画はかなりきついと思います。

飼い主に忠実に、獲物をどこまでも追いかけていくという習性をまざまざと見せつけられます。

また、犬ができて、人間にできないこと。犬ができなくて、人間にできること。をうまく利用した追いかけっこも繰り広げられて、工夫が行き届いたスリラー展開になっています。

シェパードっていうところがまた怖いところです。警察犬とか猟犬というイメージですが、シェパードって近くで見るとすんげー歯が尖っていて狼の頃を色濃く残した犬種って感じで、映画内のシェパードなんて、歯が人間を噛み殺すための道具にしか見えません。
犬歯とはよく言ったものだ。

ラストの犬と主人公(ガエル・ガルシア・ベルナル)との一騎打ちも見ものです。



原題は『Desierto』 意味は砂漠。

おじいさんと犬。怖い構図

おじいさんと犬というこの映画の構図。『ドント・ブリーズ』でも見た光景です。最近老人と犬のセットで怖い映画で類似点も多くあります。このへんは深くは掘り下げませんが、気になる方は『ドント・ブリーズ』の方も見てみてください。似てる!と思うと思います。

本作の原題は『Desierto(砂漠)』です。砂漠の中といってもサボテンの生い茂る地帯や、岩肌のむき出しになった荒涼地帯もあれば、本当になにもないただ漠としただだっ広い平面が広がっている地帯と様々な顔を見せます。

一言に砂漠と言っても、砂漠とは様々な地形があり、様々な面を見せる場所ということが、本作を見るとなんか実感します。

主人公たちがいかれたじいさんのライフルをギリギリで岩肌に隠れながら避けたり、サボテンの生い茂る場所をトゲに突き刺さりながら逃げ惑うシーン、ラストのなにもない広大な平面をハイウェーに向かって歩いているシーン等を見ていると、「砂漠って言ってもなにも砂の地帯だけじゃないんだな」ということを感じます。

原題『Desierto(砂漠)』が物語るように、砂漠というオープンワールドを十分な工夫と綿密なロケハンで最大限利用したマンハント映画。

低予算ながら面白い佳作でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました